iPhoneでGrafanaのグラフを参照できるアプリGrafanizer作ってます。 詳しくはこちらへ

Hugo 0.24 リリースノート 適当和訳

Jul 20, 2017  
#hugo #doc
原文 https://github.com/gohugoio/hugo/releases/tag/v0.24
その他のリリースノート和訳

Hugo v0.24 リリース

Archetypesの見直されます!

This is The Revival of the Archetypes!

HugoはArchetypeファイルをGoテンプレートとして扱います。これはソートやコメントを失う問題が無くなることを意味します。しかし、これはまた新しいウィンドウをたくさん開いてしまいます。

セクションが newsletter で archetypeが archetyes/newsletter.md の架空の例:

A fictional example for the section newsletter and the archetype file archetypes/newsletter.md:

---
title: "{{ replace .TranslationBaseName "-" " " | title }}"
date: {{ .Date }}
draft: true
---

**Insert Lead paragraph here.**

<!-- more -->

## New Cool Posts

{{ range first 10 ( where .Site.RegularPages "Type" "cool" ) }}
* {{ .Title }}
{{ end }}

で、新しいポストを作る:

And then create a new post with:

hugo new newsletter/the-latest-cool.stuff.md

注意: サイトは .Site がarchetypeファイルで使われているときのみ使われますが、その場合に大きなサイトでは時間がかかることがあります。

Note: the site will only be built if the .Site is in use in the archetype file, and this can be time consuming for big sites.

ヒント: もし newContentEditor をPATHに設定されているEditorに設定されていると、新しい記事がオープンされます。

Hot Tip: If you set the newContentEditor configuration variable to an editor on your PATH, the newly created article will be opened.

上記のニュースレターは可能性を秘めています。Hugoの .Site とテンプレート関数は、全てArchetypeファイルで使用できます。

The above newsletter type archetype illustrates the possibilities: The full Hugo .Site and all of Hugo's template funcs can be used in the archetype file.

また、HugoはMarkdownのみならず、全てのコンテンツフォーマットのArchetypeをサポートしています。

Also, Hugo now supports archetype files for all content formats, not just markdown.

【 ページ内広告 】

ノート

  • Archetypeファイルは titledate を含むことが必要です。
  • Archetype files now need to be complete, including title and date.
  • The -f (format) flag は削除されました。archetypeファイルのみが使えます。
  • The -f (format) flag in hugo new is removed: Now use the archetype files as is.

強化

  • 拡張子のないメディアタイプをサポートします。Netlifyの_redirectsファイルをサポートすることでサーバーサイドでのリダイレクトを作成することができます。 #3614
  • Support extension-less media types. The motivation behind this change is to support Netlify's _redirects files, so we can generate server-side redirects for the Hugo docs site. See this commit to see how we configured that. 0f40e1fa @bep #3614

  • Add disableAliases 516e6c6d @bep #3613

  • Support non-md files as archetype files 19f2e729 @bep #3597 #3618

  • Identify extension-less text types as text c43b512b @bep #3614

  • Add .Site to the archetype templates 662e12f3 @bep #1629

  • Use archetype template as-is as a Go template 422057f6 @bep #452 #1629

  • Update links to new discuss URL 4aa12390 @bep


このアップデートは定形文を作るのに便利そう。このHugoリリース和訳もこの機能で作り直すといいかもね。