iPhoneでGrafanaのグラフを参照できるアプリGrafanizer作ってます。 詳しくはこちらへ

Hugo 0.20 リリースノート 適当和訳

Jul 12, 2017  
#hugo #doc
原文 https://github.com/gohugoio/hugo/releases/tag/v0.20
その他のリリースノート和訳

Hugo v0.20 リリース

Hugo0.20は長い間求められてきた強力なカスタム出力フォーマットを実装しています。Huboは単なる「RSSフィードを追加した静的HTML」ではありません。カレンダー、電子ブックフォーマット、Google AMP、JSON検索インデックス等にも使えます。 #2828

Hugo 0.20 introduces the powerful and long sought after feature Custom Output Formats; Hugo isn’t just that “static HTML with an added RSS feed” anymore. Say hello to calendars, e-book formats, Google AMP, and JSON search indexes, to name a few ( #2828 ).

Other Highlights

  • 多言語用の設定ファイルのフォーマットが YAML から TOML に変更されました。 #3200
  • @bogem has also contributed TOML as an alternative and much simpler format for language/i18n files (#3200). A feature you will appreciate when you start to work on larger translations.

  • EmacsのOrg-mode用フォーマットの処理に重要な更新があります。#3126 また基本的な脚注のサポートが追加されました。

  • Also, there have been some important updates in the Emacs Org-mode handling: @chaseadamsio has fixed the newline-handling ( #3126 ) and @clockoon has added basic footnote support.

  • ドキュメントの再構築が進行してて、もうすぐ完成します。素晴らしい!

  • Worth mentioning is also the ongoing work that @rdwatters and @budparr is doing to re-do the gohugo.io site, including a total restructuring and partial rewrite of the documentation. It is getting close to finished, and it looks fantastic!

【 ページ内広告 】

Notes

  • 組み込みテンプレートのRSSが全文の .Content から .Summary に変更されました。これはいくらか影響がある変更ですが、殆どの人がRSSフィードに期待している内容です。もし全文が必要な場合は独自のRSSテンプレートで提供できます。
  • RSS description in the built-in template is changed from full .Content to .Summary. This is a somewhat breaking change, but is what most people expect from their RSS feeds. If you want full content, please provide your own RSS template.

  • 廃止予定だった .RRSlink が削除されました。 .RSSLink を使用してください。

  • The deprecated .RSSlink is now removed. Use .RSSLink.

  • .RSSUri も廃止され、将来のバージョンで削除されます。これはOutputFormat定義に置き換えることができます。

  • RSSUri is deprecated and will be removed in a future Hugo version, replace it with an output format definition.

  • .Site.GetParam が削除されました。 .Site.Param を使用してください。

  • The deprecated .Site.GetParam is now removed, use .Site.Param.

  • コマンドパラメーターとして設定された baseURL の最後にスラッシュが無い場合でも追加しないようにし、サイトの設定と一貫性のある動きになりました。 #3262

  • Hugo does no longer append missing trailing slash to baseURL set as a command line parameter, making it consistent with how it behaves from site config. #3262

Enhancements

  • Hugo0.20はGo1.8.1でビルドできます。
  • Hugo 0.20 is built with Go 1.8.1.

  • Add .Site.Params.mainSections that defaults to the section with the most pages. Plan is to get themes to use this instead of the hardcoded blog in where clauses. #3206

  • ファイルの拡張子を設定できるようになりました。 #320

  • File extension is now configurable. #320

  • テンプレート関数の markdownify のパフォーマンスが改善されました。 #3292

  • Impove markdownify template function performance. #3292

  • Add taxonomy terms’ pages to .Data.Pages. #2826

  • RSSの description.Content から .Summary に変更されました。

  • Change RSS description from full .Content to .Summary.

  • --cleanDestinationDir に指定された . は無視する。 #3202

  • Ignore “.” dirs in hugo --cleanDestinationDir #3202

  • jekyll からインポートする時、 2006-01-022006-1-2 の両書式を許可する。 #2738

  • Allow jekyll import to accept both 2006-01-02 and 2006-1-2 date format #2738

  • デフォルトの rssLimit を制限なしに。 #3145

  • Raise the default rssLimit #3145

  • セクションリストとシングルテンプレートの検索順を結合。 #3116

  • Unify section list vs single template lookup order #3116

  • Go組み込みのテンプレート関数 print, printf, println を使用できるように。 #3139

  • Allow apply to be used with the built-in Go template funcs print, printf and println. #3139


デフォルトで対応している拡張子や設定方法などは OutputFormats で確認出来る。

カスタムアウトプットフォーマットはなかなか便利そう。 RSSやAMPは当然として、.ics で更新状況を配信したり、 .csv で事前にデータを吐いておいてCIでゴニョゴニョしたりと遊べそうな機能ですな。